Report

花粉シーズンの「肌トラブル」に関するレポート

2014.01.29

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)では、このたび、「花粉シーズンの肌トラブル」をテーマにレポートします。
今や国民病とも言えるほど蔓延している花粉症。毎年多くの人が、その症状に苦しんでいます。
花粉症の症状として代表的なものは、鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどですが、意外に多いのが、皮膚のかゆみ・かぶれなどの肌トラブル。特に、女性は一般的に男性よりも皮膚が薄いため、花粉で敏感になった肌にトラブルが生じやすいと考えられます。
そこで今回トレンド総研では、「花粉シーズンの肌トラブル」について、花粉症の症状を持つ女性を対象にした意識・実態調査の結果や、対策法に関する皮膚科医へのインタビューコメントをご紹介してまいります。

健康・医療・薬
調査名
「花粉シーズンの肌トラブル」に関する意識・実態調査
調査対象
30~40代 有職者女性 500名 (※事前調査で「花粉症の症状を持っている」と回答した方)
調査期間
2014年01月06日~2014年01月08日
調査方法
インターネット調査
オピニオン取材
佐々木 真佐
PDFダウンロード
このレポートに関するお問合せ・ご相談
ページ上部へ戻る