Report

『乾き目ブス』に関するレポート

2013.12.12

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)では、このたび、『乾き目ブス』をテーマに、働く女性の意識・実態についてレポートいたします。

近年、パソコンやスマートフォンによる目の酷使や、コンタクトレンズの長時間着用などにより、目の乾きやドライアイに悩む女性が多くなっています。今回の会社員女性を対象とした調査においても、9割近くが「乾き目」であると自覚していることが明らかになりました。

そして、このような中で増えているのが、「乾き目」の影響で目元が疲れてみえたり、表情が険しくなったりするなど、見た目の印象が悪くなってしまう『乾き目ブス』状態の女性たちです。

印象評論家・重田みゆき氏は、目が乾いた状態が続くと、目元が疲れた印象にみえてしまう「疲れ顔」や、表情筋が内側に寄ることで、暗い表情にみえてしまう「ネクラ顔」、まばたきの数が増えて、落ち着きなくみえてしまう「まばたき顔」を招くことにつながると指摘しています。

そこで今回、トレンド総研では、こうした『乾き目ブス』の実態について、会社員男女500名に調査を実施いたしました。また、本レポートでは、前述の印象評論家・重田みゆき氏によるコメントもご紹介しています。

<レポート内容>
1、【調査結果】オフィスの『乾き目ブス』実態調査(女性編・男性編)<P2-3>
■ 働く女性の“見た目”の自己評価、「乾き目」状態では4割減!?
■ 夕方になると「オフィスに『乾き目ブス』が増える」…男性の約6割が回答!

2、【専門家インタビュー】印象評論家・重田みゆき氏に聞く、「乾き目」が外見におよぼす影響 <P4>
■「目」は人の印象を決定づける上で非常に重要なパーツ
■魅力が台無し!?『乾き目ブス』3つのパターン…“疲れ顔”、“ネクラ顔”、“まばたき顔”
■メイクに頼り過ぎず、日頃から「アイケア」の習慣を

健康・医療・薬
調査名
「乾き目」に関する意識・実態調査
調査対象
調査対象:20代~30代 男女500名
(※スマートフォンユーザー)
調査期間
2013年11月26日~2013年11月28日
調査方法
インターネット調査
オピニオン取材
重太 みゆき
PDFダウンロード
このレポートに関するお問合せ・ご相談
ページ上部へ戻る