Opinion

大澤 俊彦

大澤 俊彦

愛知学院大学心身科学部 学部長・教授、名古屋大学名誉教授。機能性食品、特に、酸化ストレス制御食品開発の基盤的研究の第一人者。食品と生命機能の関わりをテーマとして、食事が要因となる生活習慣病誘発メカニズムの解明・予防に関する研究を行う。その傍ら、抗酸化食品を普及させるべくメディアにも多数出演。産学官の枠を超えて、幅広い活動を行っている。日本フードファクター学会理事長、日本ゴマ科学会会長、アスタキサンチン研究会会長、日本予防医学会常任理事などを歴任。

オピニオンへのお問合せ・ご相談はこちら
ページ上部へ戻る