• トップ > 
  • メディアトレンド一覧

Media Trend

テレビ・新聞・雑誌・WEBニュースなどのマスメディアとTwitterやブログなどのソーシャルメディアを分析し、今世の中で話題のキーワードをピックアップしてお届けしています。

  • 2015.01.21
    ポジティブ・オフ

    観光庁が推進している「ポジティブ・オフ」。2011年から始まったこの運動は、休暇を取得して外出や旅行を楽しむことを積極的に促進するもの。1月16日、厚生労働省が労働基準法の改正骨子案を提出したことで、関連するワードとして話題になりました。取得しやすい職場環境や雰囲気を整えるため、休暇の名称を「ポジティブ・オフ」に変更した企業も。政府が目標として掲げる有給休暇の取得率は、2020年までに70%。広がりを期待したいものです。

  • 2015.01.16
    二日酔いメイク

    二日酔いメイクとは、お酒を飲み、メイクを落とさずに寝た翌朝のようなメイクのこと。今年春のメイクトレンドとして、その名前と内容から話題になっています。具体的には、髪と肌に濡れ感を出し、アイメイクはラインやシャドウをうっすらぼかします。また、唇にはヌードカラーのリップで何もつけていない様子を演出し、完成。特徴としては、男性ウケをねらい、ナチュラルでありつつも、どこかセクシーな小悪魔感を出すことだそうです。

  • 2015.01.09
    農活族    

    農活族とは、都市部で農業を楽しむ人々のことです。10年ほど前から、企業が運営する都市部での貸農園や菜園が増え始め、駅近や街の中といった利便性の良い立地と、栽培へのサポート付きというお手軽感から人気を集めています。苗の提供や農機具の貸出、アドバイザーがいる場合も。食の安全への意識の高まりと、遊休農地・耕作放棄地の活用などの点からも注目され、今後もさらに関心を集めそうです。

  • 2014.12.26
    肩ズン   

    次々と現れるポスト「壁ドン」。以前話題になった「顎クイ」に続き、先週は「肩ズン」が話題になりました。肩ズンとは、女性の肩にズーンと頭をもたれるようにして、男性が甘えを見せる行為のこと。母性本能を刺激されるモテ仕草の一つだといいます。男性も女性も、恋愛シーンでの漫画的妄想は、とどまることを知らないようです。

  • 2014.12.19
    1人おせち     

    単独世帯の増加により、1人用のおせちを購入する方が増加しているようです。大手コンビニエンスストアでも今年から1人おせちの販売に乗り出しました。また、家族用の注文でも、同じ内容のお重を一人一人に配る「一人一重」のメニューを選ぶ家庭もあるそうです。今年はお試しサイズのクリスマスケーキが独身世帯に受けたりと、イベントメニューの個食化もますます進んでいることから、今後も注目を集めそうです。

  • 2014.12.11
    ベビーマギング

    ベビーマギングとは、遠近法によって子どもがカップのなかに入っているように見える写真の撮り方です。子ども、特に赤ちゃんのかわいい撮り方としてtwitterやInstagramにていま話題になっています。その人気から、twitterのハッシュタグがGoogleの検索結果上位に現れるほど。寝相アートのように、アイデア次第で色々な写真が撮れるところも魅力のようです。アルバム写真や、SNS投稿写真の新たなアイデアとして、今後もさらに広がりをみせそうです。

  • 2014.12.04
    ニア東京   

    ニア東京とは、東京に近い田舎として、注目を浴びているエリアのことです。最近では、新しい移住スタイルを実現する場として幅広い年代に注目され、平日は都心で働きながら〝都会じゃできない〟仕事をする人など、ニア東京を楽しむ人が増え始めているようです。さまざまな可能性が広がるニア東京ですが、週末あるいは一年のうちの短い期間を暮らす、プチ移住先の一つとして今後もますます関心を集めそうです。

  • 2014.11.27
    モンスターチルドレン

    モンスターチルドレンとは、周囲の大人、特に教師に対し、相手の社会的立場を理解したうえで、身勝手な主張や授業妨害などをする児童のことです。保護者も教師の指導にクレームをつける、いわゆるモンスターペアレントであることが多いようで、保護者の教師に対する不信感の影響が指摘されています。2008年頃一度話題になりましたが、体罰厳禁論がさらに強まるなか、いま注目を集めているようです。

  • 2014.11.20
    圏外旅行   

    圏外旅行とは、SNSがつながらない場所へあえて出かけるという、新しい旅行の形です。SNSの普及で、スマートフォンを常時チェックしてしまうことも多い今日。SNSから離れ、リフレッシュしたい気分になる人も多いようです。各世代でSNSへの過度の依存が問題になる中、デジタル機器から距離を置き、現実のコミュニケーションや自然の姿を認識し依存度を低めようという、いわゆるデジタルデトックスへの動きが高まっており、こうした流れの一つとしてますます注目を集めそうです。

  • 2014.11.13
    こころの定年

    こころの定年とは、会社人間として働いていたサラリーマンが、40歳前後という会社員生活の折り返し地点で、組織で働くことの意味に悩み始めた状態を指します。現役サラリーマンで評論家の楠木新さんが名付けたもので、組織にしばられず好きな仕事をするなど、会社とは別の自分を持つことを勧めています。さまざまな働き方が広がる中、働く意味を問うワードの一つとして、ますます注目を集めそうです。

ページ上部へ戻る